フッ素系離型剤なら口金付近にメヤニがたまるのを防いでくれる

サイトマップ

工場での作業

離型剤を刷毛やスプレーで塗布して乾燥させるだけで人気!

積まれたパイプ

これまで、樹脂成型する際、メヤニ抑制のため金型にワックス系の離型剤を塗布していたものの、手間や作業者スキルの問題、そして異物混入が心配になっていませんか?ワックスの場合、塗布した後には余分な離型剤を除去する必要もあり、若手作業者では時間がかかり過ぎロスにつながりました。ですが、現在では水溶性のフッ素コーティング離型剤が人気です。
水溶性のフッ素コーティング離型剤は、刷毛やハンドスプレーで簡単に塗布することができます。また、金型表面には化学的なフッ素化合物による皮膜が形成され、完全乾燥した際には均一な保護層となります。そのため、ワックスのように塗り斑がなく、若手作業者でもベテランと同じようにメヤニを抑制ができる保護層が形成されます。
また、刷毛やスプレーは特別なものではなく、市販のものが使用でき、定期交換も行いやすくなります。メヤニの発生頻度が多いものの、刷毛やスプレーを交換できず、汚れたままやボロボロになったままで使用することがなくなり、ボロボロになった毛が樹脂に入り込むこともありません。
また、スプレーでも詰まり難い上、広範囲に短時間で塗布することができ、塗布されていない部分があり、部分的な成型不良で大量の不良廃棄が発生することもありません。特にスプレーなら多めに塗布しても、実際に使用する分はわずかであり、大幅なコストアップにつながらないのも人気に理由です。

ピックアップ

TOPへ