フッ素系離型剤なら口金付近にメヤニがたまるのを防いでくれる

サイトマップ

工場での作業

成型が難しいゴムやシリコン製品にフッ素コーティング離型剤が有効!

工場の機械

成型が難しいゴムやシリコン製品を安定した品質で製造する際、離型剤は必要不可欠です。ゴムやシリコン樹脂には様々な添加剤が含まれ、分散性の不均一さによりメヤニが発生します。メヤニにより成形品の表面品質が悪くなるだけでなく、金型に樹脂が残留したり、成形品にミミが発生したりします。そこで、成型が難しいゴムやシリコンにはフッ素コーティング離型剤を使用してメヤニを抑制しましょう。
フッ素コーティング離型剤の強みは、希釈した溶液をハンドスプレーや刷毛で塗布できる上、室内で常温乾燥できることです。成型が難しい樹脂製品ほど、金型を交換する頻度も増えます。室内で常温乾燥できる離型剤なら、交換洗浄した金型にスプレー塗布して放置乾燥させるだけで済みます。大量の金型がある場合でも、ラックで常温乾燥させるだけで済み、加熱保管庫でフッ素コーティングの反応促進を行う必要もありません。
また、製品サイズや仕様に合わせて型替が多く、次回使用するまで期間が開くという場合でもフッ素コーティング離型剤は有効です。また、乾燥させて直ぐに使用することができ、高価な金型を複数も準備できないという際には生産効率を維持することも可能になります。
スプレーで薄く塗布するものの、毎日塗布して乾燥放置することで成型が難しい樹脂も次第に効率よく成型できるようになるのもフッ素コーティング離型剤のメリットです。

ピックアップ

TOPへ